⑤Webサイト制作から運用保守までの流れ。

Webサイト制作の流れを明確に。

お客様がレグルスのWebサイトからお見積もり依頼を行ってから
実際にWebサイトの制作・運用を行うまでの流れをまとめたページです。

=目次=
=本文=

1.お見積もりから契約まで

お客様がお見積もりフォームに入力して頂いてからWebサイト制作のご契約に至るまでの流れを図にしました。
お客様に納得してご契約頂くためのワークフローです。
 
お客様がお見積もりフォームに入力→レグルスが概算の見積もりをご提示→お客様・レグルス揃って打ち合わせにてご要望をヒアリング→レグルスが見積もりをご提示→お客様がお見積もり内容を確認・検討→双方合意の上ご契約

まず、お客様にはお見積もりフォームにて現在想定されているWebサイトのページ数、内容、ご希望の予算をご入力頂きます。
入力された情報をレグルスで確認後、概算のお見積もりをご連絡します。
その後、お客様・レグルス双方でWebサイトの各ページについて打ち合わせを行わせて頂きます。
後日、打ち合わせの内容を踏まえて詳細なお見積もりをお客様に提示させて頂きます。
お見積もり・Webサイトの内容についてお客様に判断頂き、納得の上、ご契約頂きます。

2.Web制作のPDCA

ご契約後、実際にWebサイトを制作するフェーズに入った際の流れになります。
 
レグルスがWebサイトを設計→レグルスがWebサイトを作成→お客様がWebサイトを確認→お客様が気になる点を指摘。繰り返すことでより良いWebサイトに

まず、叩き台としてレグルスがWebサイトを制作、ご提示します。
その後、お客様にご確認して頂き・気になる点をご指摘頂きます。
ご指摘の点を踏まえ、レグルスがWebサイトの修正を行います。
このサイクルを繰り返すことで、お客様にとって「より良い」Webサイトを制作致します。

3.本番公開・確認

Webサイト制作のPDCAにて納得いただいた段階から本番公開までのイメージです。
いよいよ、Webサイトがインターネットの世界に公開されます。
 
お客様がWebサイトに納得→レグルスがWebサイトを公開→レグルスがWebサイトを最適化(アクセス・SEO対策を行います。)

 
いよいよ、Webサイトがインターネットの世界に公開されます。
しかし、アクセス・SEO対策をしっかりと行わなければ、せっかく作ったWebサイトが誰にも見られないという状況にもなりかねません。
レグルスでは、本番公開後にアクセス・SEO対策を行わせて頂きます。

4.運用・保守

レグルスの運用・保守サービスをご契約頂いた際のイメージになります。
「活きた情報を発信」し続けることでWebサイトの価値を高めます。
レグルスがWebサイトを運用→レグルスがWebサイトを更新→レグルスがWebサイトを確認→お客様が更新内容をご連絡。運用・保守を任せて頂ければより良いサイトに

5.まとめ

いかがでしょうか。
レグルスのWebサイトでお見積もり依頼を行ってから
実際にWebサイトの制作・運用に移行するイメージは掴んで頂けたでしょうか。
レグルスでは、「活きた情報を更新し続ける」価値の高いWebサイトを
制作・運用することをオススメしています。
ぜひ、レグルスにお客様のお手伝いをさせてください。
まずは、気軽にお見積もりから