②お客様に行って頂きたい作業。

「良いWebサイト」は私たちだけでは作ることができません。

お客様の知識や想いがこもった文言や写真などの情報を提供頂くことで
初めてお客様のためになる良いWebサイトを作ることが出来ると考えています。

1.Webサイトで何がしたいか

まず、大事なことは、Webサイトを作成して「何がしたいか」です。
集客をしたい!会社の信用性を上げたい!ネットショップで販売したい!
など、様々な「したい!」があるかと思います。
はじめに、「これがしたい!」を明確にして頂く必要があります。
 

2.誰に向けたWebサイトか

つぎに、「ターゲットとしているのは誰か」が重要になってきます。
作成するWebサイト。見てほしいのは、既存の顧客でしょうか?
新規の顧客でしょうか?はたまた世界の裏側にいる方でしょうか?
いろいろなターゲットが考えられると思います。
「これがしたい!」と合わせて「誰に見せたい!」も明確にする必要があります。
 

3.文言・写真のご用意

Webサイトで伝えたい内容を、「文言」、「写真」という形でご提供して頂きたいです。
想いや知識のこもった文言、写真は見ている方からの信用・理解を上げてくれます。
もちろん、Webサイト制作側からの意見・アドバイスも随時お伝えさせて頂きます。
(検索上位に上がるために、もう少しこうした方が良いなど。)
 

4.更新したい内容

・制作後、まったく更新していないWebサイトを見たときどう思いますか?
・最終更新履歴が数年前のWebサイトを見たときどう感じるでしょうか?
 
Webサイトは活きた情報を常に更新し続けるべきである」と考えます。
そのため、あらかじめWebサイトを作った後に、「更新したい内容・頻度」をお客様側で決めて頂きたいと考えています。
 たとえば、Facebook、Twitter、ブログなど情報を更新可能なツール・手段は様々な形で存在します。
また、更新が手間だと感じる場合には、弊社にてお客様のサポートをさせて頂くことも可能です。
(※更新内容によって別途費用が必要です。)